名刺

他とは違う名刺を作ろう

名刺を渡している人

一般的な名刺のサイズは、91㎜×55㎜の横サイズか縦サイズが一般的です。例えばこれが会社員だったら他の会社と同じサイズで統一されているのでこれでいいかと思うのですが、例えば飲食店舗などの名刺が同じサイズの名刺だと個性が死んでしまっているような気がしてなりません。
飲食店舗は、店を覚えてもらってこそだと思うのですが、顔となる名刺がどれも同じだと面白味に欠けることがあります。飲食店舗の中には、割と凝った名刺を作っている所もあります。例えば普通の名刺の半分サイズで名刺の角に丸みをつけたりなんかしています。半分にしたのはコストの都合のようですが、丸みを付けたのはお客さんが持ちやすいように工夫したようです。
他には名刺とシールが一緒になったものがあります。一見シールかと思いきやシールをめくるとシールの台紙が名刺だったりという工夫を施しています。他には、ちょっとした紙アートのような名刺もあります。紙で店のキャラクターを立体的に表現していました。名刺整理をしている時でもやはりデザインが凝っていたり、一工夫している名刺は印象に残ります。これからの世の中は自分を売り込むことが大事だと思うので、名刺にも一工夫してみてはどうでしょうか?

個人事業主が名刺を作成する時の注意点

企業に勤めて仕事をしている時は名刺が必要になってくるので作成する事もよくありますが、最近では企業に所属しないで個人事業主として働く人も増えてきているので、個人事業主が名刺を作成するようになってきています。しかし個人事業主が名刺を作成する時は注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで個人事業主が名刺を作成する時の注意点を確認していきましょう。
・どのような事業をしているのかすぐ分かるデザインにする。個人事業主は自分で仕事を受注していくので名刺のデザインを派手にしてアピールする人もいます。しかしデザインを派手にするだけでは実際にどのような事業をしているのか相手に伝わらない事が多いです。それにより仕事を受注する事が出来ないので名刺を作成する時はどのような事業をしているのかすぐ分かるデザインにしましょう。
・名前や連絡先は必ず記載する。名刺に名前や連絡先が記載されていないと相手から不審に思われてしまいビジネスチャンスを失ってしまう事がよくあります。相手に信用してもらえるように名刺に名前と連絡先は必ず記載しましょう。しかしSNSアカウントまで記載してしまうとアピールが強いと思われてしまい逆効果になってしまう可能性があるのでなるべく控えるようにしましょう。

名刺作成はパソコンで

今時は名刺を自分で作ることができるようになっています。パソコンで名刺作成を個人的にできることもありますから、それによって簡単に名刺が作れるようになっている時代であるといえるでしょう。もちろん、今でも名刺を作ってくれる業者はあります。こうしたところのほうがデザインに細かく拘ったりすることができたりしますから、費用はかかってもその方が良いと考えることもあるでしょう。どちらにもしっかりとメリットがある、ということになります。
最近では名刺に顔写真を入れる、という工夫が出てきています。或いは電子コードを入れてそこを読み込むことによって、自分の情報を出せるようにする、ということもできるようになっています。なかなか拘ることができるようになっていますから、名刺というのは意外と個性を見せることができるようなものであるといえるでしょう。
それはよいのですが、あまりにも奇抜すぎるのは避けたほうがよい、ということもあります。何しろ、受け取る側としてはシンプルなほうがわかりやすい、ということが確実にあるからです。そのあたりのバランスをよく考えて制作するようにしましょう。拘ってはいけない、ということではないです。

失敗しない初めての名刺作成

昨今はパソコンやプリンターを自宅に所有している人が多く、自分でオリジナル名刺を作成する方もいるようです。名刺は渡す相手に対しての自己紹介の役割を持っていますので、ここでどのような印象を相手に与えるかにより、今後のビジネスに大きく影響を与えます。名刺は相手に自分を知ってもらうツールになるため、わかりやすくなければ意味がありません。無駄にデザインに凝り過ぎてしまっている名刺は、ゴチャゴチャしてしてしまっていて、後で見返したときに何だかよくわからな…

Readmore

Link